焙煎したての珈琲豆が買えるおすすめのコーヒーショップ

更新日:2018年10月23日

美味しいコーヒーの鍵はコーヒー豆の鮮度です。


コーヒーが好き!と言い続けている私ですが、味にこだわりはじめたのは、焙煎したてのコーヒーを淹れてくれるお店に行くようになったのがきっかけです。焙煎したてのコーヒーは雑味がなくクリアな味わいで、芳醇な香りに包まれることができます。

どんなに良い原料でも焙煎後時間が経過した古い豆では酸化が進み、どうしても風味が損なわれてしまいます。

そこで、焙煎したてのコーヒーをまだ飲んだことがないという人や、コーヒーが苦手な人にも、是非足を運んで欲しい、私が好きな自家焙煎をしてくれるコーヒーショップをご紹介させていただきます。


錠前屋珈琲
錠前屋珈琲

錠前屋珈琲(虎ノ門)

所在地:東京都港区西新橋2-34-3

電話:03-5400-3684

営業日:金曜・土曜(12:00~19:00)


店内で販売している6種類の生豆から好きな豆を選ぶと、専任のスタッフが注文後に250gから焙煎してくれます。

この店舗の特徴としましては、

・焙煎機のシェア(3000円/1時間)

・焙煎体験(8000円/1時間)

・抽出体験(3000円/1時間)

を受け付けています。焙煎機は1台しかないので予約して行くことを強くおすすめします。私はこちらのお店の焙煎体験をさせていただいたことがきっかけで、焙煎の奥深さにはまりました。教え方も丁寧でわかりやすいので、勉強になること間違いなしです。日本で数百人しか保持していないQ ARABICA GRADERの資格を保有しているこの店のオーナーは、今や私の師匠であり、SCRATCH COFFEEの焙煎豆についても監修してくださっております。


豆工房(神田神保町店)

所在地:東京都千代田区神田神保町1-39-9

電話:03-3518-4123

営業日:月曜~金曜(7:30~18:30)/

土曜(9:00~17:00/日曜(12:00~17:00)


店内で焙煎はしていないのですが、少し離れた工場で社長自らが毎日焙煎しているという豆工房。社長自らが現地の農園で納得するまで選び抜いた豆を提供しており、他の人には焙煎させないというこだわりのお店です。

私が訪れた時には、ジャコウネコにお手伝いしていただく希少な珈琲豆も置いてありました。パンなどの軽食も食べられます。

店員さんの知識も豊富ですし、珈琲豆を挽いてもらうのを待っている間に、その日その日で違うコーヒーをサービスしてくれるので、店内は狭いのですが、居心地の良い空間です。

古本とカレーの街、神田神保町駅から徒歩4分と駅近なので、散策する機会があれば立ち寄って欲しいお店のひとつです。


珈琲問屋
珈琲問屋

珈琲問屋(横浜西店)

所在地:神奈川県横浜市西区北幸2-5-13 西口幸ビル1F

電話:045-315-0198

営業時間:9:00~19:00


関東に複数店舗構える、珈琲問屋。どこよりも豊富な生豆100種類、6000種類以上の中から自分に合ったコーヒーを見つけられます。

珈琲の焙煎を注文すると、珈琲のサービスがあり店内に席もあるので、ゆっくり待つことができます。黄金に輝く焙煎機がゴージャスで目を引きます。人気店なだけあって、注文してから30分以上待ちましたが、器具などグッツ販売もしているので、飽きずに待つことができました。

駅から少し歩くのですが、珈琲の銘柄を眺めているだけでも楽しめるので、珈琲好きの方は是非訪れて欲しいお店です。


コーヒーロースト
コーヒーロースト

コーヒーロースト(川口店) 

所在地:埼玉県川口市本町2-1-20-103-2

電話:048-228-3201

営業時間:10:00~19:00 定休日:火曜


常時20種類以上のコーヒー生豆を取り扱っています。生豆を選んで注文すると、コーヒーの焙煎を待っている間は、その場でドリップコーヒーと、ちょっとしたスナックを無料で提供してくれます。わかりやすく解説しながらドリップしてくれるので、待っている間も退屈しません。新鮮なコーヒー豆は、ドリップしているとふっくらと膨らんで、抽出したコーヒーからは濃厚な香りが漂います。

また、ピスタチオ、カシューナッツ、アーモンドも無塩素焼きしたものを販売していて、生カカオ豆もお店でローストしてくれるのが、珍しいです。チョコレートになる前のカカオはエグミが強烈で、とてもそのままでは食べられませんでしたが、いい体験ができました。

浦和店もあり、両店舗とも地元密着型のコーヒープロショップで、家カフェを応援してくれています。


やなか珈琲(谷中店)

所在地:東京都台東区谷中3-8-6

電話:0120-874-877

営業時間:10:00~20:00


チェーン展開しているやなか珈琲ですが、私は「谷中」に足を運ぶことが多いです。谷中銀座をはじめ、街並み全てが好きだからです。

店内で淹れた専門店の味と香りをその場で味わうことができるので、焙煎が終わるまでの10分間、コーヒーを飲みながらゆっくり待つことができます。また、やなか商店街が近いので、混んでいて待ち時間が多い場合には、ふらっとお散歩しても楽しいです。

やなか珈琲では、お店で抽出したコーヒーを急速冷却してくれるので、できたてのアイスコーヒーをボトルに詰めて持ち帰ることができるのも、嬉しいです。生豆の種類も常時20種類以上はあります。


豆虎
豆虎

注文焙煎豆虎(中目黒)

所在地:東京都目黒区上目黒3-3-7 スペースAビル1F

電話:03-6452-2770

営業時間:平日(11:00~20:00)/土日祝(11:00~19:00)


中目黒駅からすぐの注文焙煎豆虎。

20種類以上のコーヒー豆を取り揃えており、ゲイシャ種やコピルワク等の珍しいコーヒー豆も取り扱っています。

焙煎機は、電気式ではなくガス火の本格的なマシンを使用しており、コーヒー豆の個性を最大限引き出してくれます。

コーヒー豆は50グラムという少量からの販売にも対応してくれて、ほとんどの種類のコーヒーがドリップコーヒーとしても販売しているので、少量を買い求める人や、すぐに買いたい人にとっては嬉しいスタイルです。

店舗近隣だけになりますが、ポットの宅配サービスもあり、10杯~100杯程度まで対応可能なようです。


カメヤマ珈琲
カメヤマ珈琲

カメヤマ珈琲(日暮里)

所在地:東京都荒川区東日暮里6-22-14

電話&FAX:03-3801-5775

営業日:月曜~土曜(10:30~19:00)


駅からの利便性は良くないですが、インターネット、電話、FAXで注文でき、出荷直前に焙煎してくれるので、自宅にコーヒー豆が届く頃がちょうど飲み頃になります。

珈琲豆の焼き置きを一切していないのですが、お店では店主がひたすら豆を焙煎している姿が印象的でした。

100グラム~500グラムまでの少量で焙煎してくれるで、色々な豆を試せますす。

オリジナルの焙煎機を使用しているところも、店主のこだわりを感じます。


緑の豆 神楽坂焙煎所 

所在地:東京都新宿区神楽坂6-57

電話:03-3269-3712


神楽坂の路地にある、緑の豆。静かで洗練された店内は、広いスペースに約30種類程の生豆がディスプレイされています。

グラム数、焙煎度合、挽き方を指定する珈琲焙煎のお店のため、生豆は販売していません。

オリジナルグッツの販売にも力を入れているなという印象を受けました。



紹介しきれていないお店や、また紹介したいお店が見つかったら、更新していきます!

94回の閲覧